屋根材の種類 part.3

屋根材の種類 part.3

皆様こんにちは☆彡
 
R+house佐賀支店の村田です(*´▽`*)
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 

 
佐賀のこの時期恒例のバルーンフェスタも今年は中止でしたが
 
今年はお家でバルーンということで、
 
めったに飛ばない市街地を飛んでいたみたいですね(゜.゜)
 
私も仕事に行く途中に車からバルーンを見かけました♪

皆様もお家でバルーンを楽しまれたでしょうか??
 
#おうちでバルーンでいろんな方が投稿された写真が見れるので
 
Instagramで検索して見てください(*^^)v
 
 
 
 
 
 
 

  

 
 
 
 
  

 
前置きが長くなりましたが、、(笑)
 
本日も屋根材の種類を引き続きご説明させていただきます!
 
part.1 part.2 はこちらからご覧ください☆彡
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

⑥ガルバリウム鋼板
 
 
ガルバ.jpg 

 
アルミニウムと亜鉛、シリコンによって
 
メッキ加工された鋼板素材のことです!
 
コストパフォーマンスに優れているため、
 
金属の屋根材の中では人気があります(^O^)
 
 
 
 
 
― メリット ―
 
・軽量で耐震性が高い
 
・金属素材としては錆びにくい
 
・防水性が高い
 
・複雑な屋根の形状でも対応できる

・カバー工法に最適
 
※カバー工法とは、現在の屋根に新しい屋根材を重ねて
 施工する、安価な工事方法です。
 
 
 
 
― デメリット ―
 
・傷がつきやすい
 
・防音性が低い
 
・塗装が必要
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  
 

⑦銅板
 
 
銅板.jpg 

 
銅製の板を屋根に張り付けたもので、寺などの特殊建築で主に利用します!
 
屋根材のなかで耐用年数が最も長いのが特徴です!
 
 
 
 
 
― メリット ―
 
・耐用年数が最も長い(60年以上)
 
・錆びても耐用年数が短くならない
 
・塗装が不要
 
・軽量で耐震性が高い
 
 
 
 
  
― デメリット ―

・価格が最も高い
 
・工事できる業者が少ない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑧アスファルトシングル
 
アスファルトシングル.jpg 

 
ガラス繊維にアスファルトを染み込ませ、
 
表面に石を吹き付けたシート状の屋根材です!
 
施工業者が少ないため工賃が高くなるおそれがあります。
 
 
 
 
― メリット ―
 
・軽量で耐震性が高い
 
・錆びない、割れない

・デザイン性が高い
 
・複雑な形状の屋根にも対応できる
 
 
 
 
 
― デメリット ―
 
・風でふき飛びやすい
 
・表面の石が落ちやすい
 
・カビやコケが生えやすい
 
・工事できる業者が少ない
 
 
 
 
  
 
 
 
 

 
 
 

以上、8種類の屋根材の種類についてご説明させていただきました!
 
それぞれメリット、デメリットがあるので
 
それを理解したうえでお客様に合った素材選びをされてください(^O^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
本日もお付き合いいただきありがとうございました(*'▽')
 
また更新させて頂きますのでよかったら読みに来てください❁
 
 
 
  

 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
ooita2.jpg  ≪R+house大分西
 
*よければこちらも覗いてみてください❁
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――