第三弾! 計画換気

第三弾! 計画換気

皆様こんにちは!

R+house佐賀店です(*^▽^*)
 
 
 
 
 
 
先日からひどい雨が降り続いて長崎では

土砂崩れや、道路の陥没等がおこって

非難されてるかたもいらっしゃるみたいですね、

しばらく雨がつづきそうなので、みなさま気を付けてください( ; ;)
 
 
 
 
 
 
本日はタイトルにもある通り、先日からお話しさせていただいている

性能のお話の続きで計画換気についてお話しさせて頂きます!!
 
 
 


性能のお話は今回の第三弾で最終になりますので
 
お付き合いのほどお願い致します(*ノωノ)
 
 
 
 
 
 
高気密・高断熱の住宅に欠かせないのが計画換気になります!

というのも、高気密・高断熱の外張り断熱住宅では、家の隙間を

ほとんど塞いでしまうため、機械による計画的な換気が求められます!!
 
 
 
 
 
 
さらに、2003年7月の改正建築基準法で住宅の計画換気が義務付けられているんです!


 
 
 
 
計画換気には三種類種類がありまして、
 

0702.png
 
 
 
R+houseでは第一種換気を取り入れております(#^^#)
 
 
 
 
 
換気が不十分だと結露によるカビやダニが発生しやすくなったり

室温が高く空気が淀むと家具などから発生するホルムアルデヒドなどの
 
影響で、不快な臭いや目の痛みなどが起きたりするんです(*_*)
 
 
 
 
 
 
じゃあ、換気してるなら気密性能は高くなくてもいいかということではなく、、
 
高気密住宅では余分な隙間がないので理想通りに綺麗な空気が部屋の中を循環します!

対して気密の低い住宅では、隙間が原因で給気口が機能せず

部屋の一部でしか空気が循環しなくなってしまいます( ;∀;)


 
 
 


つまり!どれだけいい換気システムを導入しても、

気密が低いと空気の循環は行われません( ..)φメモメモ

 
 
 
 
 
結果、エネルギーの節約や、快適で、健康を支えるためには
 
断熱性能、気密性能、計画換気の三点セットが
 
住環境を守る大事なものになります!! 
 
 
 

 
どれがかけてもだめだということですね( ..)φメモメモ
 
 
 
 
 
佐賀ができるのはまだもう少し先になるので、、(笑)
 
九州だと大分にも展示場があるので、遠出をされた際には!

実際に肌で感じてみてください(*'▽')
 
 
 
  

 


最後までお付き合いいただきありがとうございました(*^^*) 
 
 
 
では、、また更新させていただきます!

また良ければ読みに来てください(^O^)/